ダイエット

有酸素運動の中で水泳ダイエットが最も効率的に痩せる!?

こんにちは! ラッパーを目指しながら、正しいダイエット情報を発信している、ASKと申します。

もしかしてあなたは、色々なダイエット法を試したのになかなか痩せないとお悩みですか?

実は、私もあなたと同じように様々なダイエット法を試してきたのに、痩せられなかった経験があります。

しかし、色々と調べていたところ、ダイエットには水泳が効率的だということが分かりました。

そして、実践してみた結果、3ヶ月で10kg痩せた上に、女性から声をかけられることも増えました。

そこで、今回は水泳ダイエットの正しいやり方と、痩せやすい理由をご紹介します。

基本的泳法(クロールなど)を習得する

すでに泳げる人は、ここは読み飛ばしてもらっていいです。

当たり前の話ですが、まずは基本的な泳ぎ方である、クロールなどを習得しましょう。

最悪、これが出来ない場合でも水中ウォーキングという手があるので、安心して下さい。

ちなみに消費カロリーに関して説明すると、フォームにもよりますが、水泳は一般的に陸上運動の3倍の消費カロリーと言われています。

その水泳の中で最も消費カロリーが多い泳ぎ方は、バタフライですが、ちょっと難しいという人はクロールか、得意な泳ぎ方でやると良いです。

そして、体重50kgの人が30分バタフライで泳いだ場合の消費カロリーは約360kcal。

同条件で水中ウォーキングの場合、約120kcalで、クロールの場合、約220kcalです。

ストレッチをする

運動前には必ず怪我予防のため、動的ストレッチをしましょう。

ストレッチには動的と、静的の2種類ありますが、運動前には動的ストレッチが適しています。

運動頻度と時間を決める

おすすめの運動時間は30分です

理由は

  1. 筋肉が減りにくい
  2. ちょうど脂肪が燃え始める時間
  3. 疲れにくい

だからです。

いくら体力がある人でも休憩無しで30分はキツいでしょうから、適当に休憩を挟んでやると良いです。

頻度は、最低でも週1以上で、体力に自信がある人は2日に1回やってもいいです。あとはシンプルに、決めたフォームで全力で泳ぐだけです!!

毎日やるとオーバーワークになってしまうので気をつけて下さい

逆に1時間以上やってしまうと筋肉が減り、基礎代謝が落ちて太りやすい体質になるので、注意して下さい。

まとめ

ここまで述べたように、基本的な泳ぎ方をマスターしたら運動時間とフォームを決め、後は全力でやるだけです。

ダイエットというのは頑張った分結果は付いてきますし、何より異性にモテますよww

そして、この記事を読んだだけで満足せずに、実際にプール付きのフィットネスクラブなどに通ってみて下さい!!

あなたの成功を願っています。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。